人魚になれる島

笑顔がさらに増えた

読了までの目安時間:約 2分

 

仕事が終わって家に着くと人差し指と親指が僕の笑顔を作ってくれる。
それは鼻毛を抜くためだ。
家に帰って鏡を見ると、不思議なもので鼻毛が出ている。

 

鏡に顔をゆっくり近づけると鼻毛が出ていた。
「ハー」と、大きくため息。
今日もいつものように、右手の人差し指と右手の親指を鼻の中に突っ込んで一気に引っこ抜く。
その手にはたくさんの鼻毛。
また、人差し指と親指を鼻の中に入れて抜く。
鼻毛はない。

 

さらに、人差し指と親指を入れて抜く。
鼻毛が1本が抜けた。
これを何度も繰り返す。
1分も経つと、あっという間に人差し指には爪の後がくっきりに残り、人差し指の感覚がない。
これでは終わらない。
再び鏡に顔を近づけると、手では抜けないほどの短い鼻毛が出ている。
手では抜けないため鼻毛切りを使うのだが、あまりにも鼻毛が短すぎる為、どうしても残ってしまうのだ。

 

ある時、会社帰りに友人とお酒を飲んだのだが、
家に帰ったと同時にそのまま寝てしまい、鼻毛を抜く事を忘れてしまった。
翌日は散々だった。
相手と話をする時に鼻毛の事が気になってしまい、
手で鼻を押さえて話したり、顔を下に向けて話をしたのだ。
しまいには、風邪を引いていないのにマスクをする状態。
これでは相手の印象が良いはずが無い。

 

この事がきっかけで鼻毛脱毛を決心した。
インターネットで鼻毛脱毛を調べて、
一生、鼻毛が生えないようにしたかったので医療脱毛にした。
今では月に1回のペースで通っており、
これまで8回通っているが、鼻毛が生える事が無くなった。
おかけで、人と話すことが楽しくなった。

 

永久脱毛@全身脱毛の値段を比較!

 

脱毛   コメント:0

突然水着を着ることになったとき

読了までの目安時間:約 2分

 

今年の春休みに妹の家族と一緒に滝を見にでかけたときの話です。

 

そこには露天風呂やプールもあるのですが、まだ少し寒かったし、単に滝を見るだけの予定で、ハイキングがてら出かけました。

 

しかし、現地に着いて、滝を見るコースに入ろうと手続きをしていたときに、子供たちがプールでも泳ぎたいと言い出し、寒いからその後露天風呂で温まろうと、突然その場でコース変更することに。私は普段水着を着るときは下にショートパンツを履くのですが、まさか水着になる予定などなく、何も持ってきていませんでした。

 

その場で水着もレンテルできるということで、妹がバステオルと水着を借りる手続きをしてしまいました。そこの水着は、ちょっと厚めの生地なスクール水着という感じで、決してハイレグとかではないのですが、当然のごとく何もビキニラインの処理などしていない私は焦りまくりでした。

 

履いてみると、ハイレグではないけれど、ビキニラインのぎりぎりあたりから数本毛がはみ出してました。
妹家族と私だけだったので、タオルを駆使して隠しまくりました。
こういう突然の出来事にも焦ることないよう、きちんとした脱毛をしたいと心から思った事件でした。

 

腕 脱毛 安い

 

脱毛   コメント:0